りんごジュース

 時節柄、今回はりんごについての話題としました。年末の贈答の時期でもあり、その品選びのヒントにでもな
れば幸いです。
 皆さんはりんごジュースについての思い出、いや、思い入れはありますでしょうか。

りんごジュースに思い入れなんて、という方が大方かもしれません。

弘前市郊外のりんご園周辺で見かける「ジャムりんご、買います」の看板は、りんごジュースに良いイメージを抱かせないように思いますし、生食に勝る付加価値を持っていないように長い間感じていました。

 

ところが、最近のりんごジュースは美味しいんです。

以前、JAアオレンのりんごジュース工場を見学した際に、そこの製品と某スーパーのプライベートブランドのジュースの飲み比べがあったのですが、迷うことなくそこの製品の方が美味しかったんです。

 それは、「密閉搾り」という製法で作ったジュースです。

お勧めです。

 

この体験をきっかけに、自分のりんごジュース体験の変遷を思い出しました。

最初は、子供の頃の一升瓶に入った褐色透明の水で割って飲むジュースでした(写真中央の大きな瓶のもののような)。今にして思えば、「濃縮還元」の還元前だったのかも。その後今あるような白く濁ったジュースが登場してきた。その頃は、りんごの品種毎の味の違いがアピールのポイントでした。

それが最近は製法の工夫で風味が格段にアップしてきた、ということでしょうか。りんごジュースも年々進化しています。

 

 

 2枚目の写真は、りんごのお酒「シードル」です。

真左側の2本は、以前からの定番商品ニッカウイスキーさんのシードルです。

ニッカは漢字で書くと「日果」で、昔は余市でりんごの加工品を作っていましたが、後にその拠点を弘前に移してシードル等を作っています。 

最近、シードルはりんごジュースに劣らぬ力の入れようで、“地ビール”ならぬ、“地シードル”を作るところがだんだん増えてきています。

写真右の2本のように、おしゃれな瓶で売られています。

 

こちらも、贈答用に、自家用に、ぜひ一度。



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM