弘前の住みか

  春のお彼岸も過ぎ、陽射しも日増しに長く強く感じられ、雪解けの水音も耳に心地よく感じられるようになりました。
卒業、入学の春です。卒業生は引っ越しで、新入生は住むところ探しに忙しいのではないでしょうか。
ということで、今回は「住むところ」をテーマにしてみました。

 

1枚目の写真は、弘前市緑ヶ丘にある「北溟寮」です。全学の寮なので、医学部生で入寮された方は多くはないのかもしれませんが、私がSGTを一緒に回った親友が入寮していたので、1度だけ彼の部屋にお邪魔したことがありました。
北溟寮は「自治寮」という運営方式で、お邪魔した当時(20年余前)も、“寮らしい雰囲気”をずいぶん感じました。昭和41年築とのことで今では“築45年以上の物件”ということになるのですねえ。



 2枚目の写真は、寺沢川沿いの下宿・アパート群です。
写真の奥のほうが寺沢川の下流方向で、正面奥に大学病院の病棟が見えています。
下宿という形式は今では主流ではないのかもしれませんが、今風にリニューアルを受けながらも、この地区は今でも地元生以外の医学生の主たる住宅街といっていいのではないでしょうか。

多くの方の思い出が詰まっているところだと思います。


関連する記事

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM