平成26年度 弘前さくらまつりについて

活動報告とは少し離れる話題ですが、今年の「弘前さくらまつり」は特別です。

弘前観光コンベンション協会のホームページによりますと、
「内濠の水面に映る天守と桜とは、平成26年の「弘前さくらまつり」でしばらくお別れです。
弘前市では、弘前城本丸東面の石垣修理工事に伴い、天守を約70m本丸の内側へと曳屋する工事を平成27年に実施します。
(中略)
内濠の水面に映る天守と桜、水面に浮かぶ花筏といった、下乗橋からのおなじみの光景は、平成26年のさくらまつりを最後にしばらく見ることができません。石垣修理工事には約10年間を要し、曳屋した天守を元の位置に戻すまでにも5年以上かかると見込まれています。」(下線加筆)とあります。
弘前観光コンベンション協会のホームページ



写真は4月22日に撮った下乗橋付近の写真ですが、このおなじみの光景が、下線の文章にあるように、10年位見られなくなるようです。ということで、今年を逃すことなく、今年はぜひ「弘前さくらまつり」おいでください。
ちなみに、今年の開花状況は祭り開催の4月23日に開花宣言が出ましたので、連休終盤には葉桜になっている可能性が高いです。

今後このブログでは“思い出そうブログ”で紹介したテーマ(祭りや風物など)の近況を、時々掲載していきたいと思います。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM