弘前大学病院近影

 今回の写真は、弘前大学病院の最近の外観です。なぜ今回は大学病院にしたかというと…。 

今年8月後半から9月にかけて千葉県や関西国際空港での麻しんの流行が全国ニュースでも報道されました。

そのニュースを聞いて、私が学生の頃の出来事を思い出しました。

私がSGTで各科を回っていた頃、同じグループのすごくまじめな友人が水疱瘡にかかり、大学病院内の感染症病棟に1週間位入院したのです。彼がなぜ水疱瘡にかかったか?それは、前の実習で皮膚科を回っていた時に、水疱瘡の患者さんに、だれよりも熱心に軟膏を塗ってあげていたから。彼は偉い。私のような今でも患者に指一本触れない医者はだめです。
 

あの頃の感染症病棟は、臨床研究棟と診療棟をつなぐ渡り廊下のような長い廊下の窓から見下ろす位置にあったように思い出します。彼には面会に行けず、窓からその病棟を他の友人と眺めていたことを思い出します。

 

その廊下も病棟も今はないのだなあと思うと、昔が遠くになったなあと感じます。

 

 1枚目。現在の大学病院正面側から。

 2枚目。南塘グランド越しに見た入院病棟。

 建物の記憶というのは、頭だけではなく体にも刻まれているように思いますが、今の建物は今の建物で、学生さん、教員、職員、患者さんの記憶の中に、色々な思い出とともに刻まれて行くのでしょうねえ。


弘前の時計

 このブログで昔の記憶を確かめようとしていると、それが本当のことだったのか、勝手に作り上げられた記憶
だったのか、わからなくなることがあります。まるで認知症の老人が「ここは私の家ではない、帰らなければな
らない」と言い、昔の育った頃の家を思い出しているのか、ただ根拠もなく言っているのか、家族が当惑するよ
うな、そんな感じの・・。今回の後半はそんな話です。

 1枚目の写真は中土手町にある一戸時計店です。屋根の上に、風見鶏の付いた時計があります。

弘前で、時計と言えば、まずこの時計が思い出されるのではないでしょうか。

土手町の雰囲気も大分変わった中で、今でも昔の雰囲気を残した店構えであり、店のシンボルでもあります。

 もう一つ、私が思い出す時計は、花時計です。

2枚目の写真は、弘前城植物園の中にある花時計です。

この花時計の銘板には、「SEIKO 花時計」「1975年 4月」とあります。

ところが、弘前城植物園は昭和63年 5月、西暦だと1988年の開設だそうです。

空白の13年は??・・・昔、市民会館の楽屋口のあたりに花時計があったような記憶があるのですが。

それが移設された? あったのかどうかの記憶もさだかでなく、植物園の入場券売場の、私と同年配位のお姉さんに聞いてみたところ、「そういえば、市民会館の所にありましたよね。移設されたかどうかはわかりませんけど。」との答えでした。

 

本当のところの経緯は??


弘前のゆうれい

 今回は、夏だからということで、弘前の「涼しい絵」をテーマに選んでみました。

涼しい絵といっても清涼感のある絵ではなくて、幽霊画のようなぞくっとする絵です。

こういうテーマでも話のネタになるというのは弘前の奥深さだと思います。

 1枚目の写真は、市内樹木にあるギャラリー森山で毎年行われている、「ゆうれい展」のポスターです(展示ガラスにまわりの景色が映り込んで見辛いですがご容赦ください)。

今年も8月1日から31日まで行われるようです。皆さんはご覧になったことがありますでしょうか。

市内のお寺にある幽霊画を集めて供養する為の展示なのだそうです。

なかでも目玉は、正伝寺に保管されているなま首の掛け軸だと思います。40年程前に全国放送のワイドショー番組で紹介された際に、閉じているはずのなま首の目が開いていた、という絵です。当時私はこの放送を見てましたが、確かに目が開いていたカットがありました!。きっと今年も展示されると思います。

 2枚目の写真は、今年の弘前市医師会のネプタの「見送り絵」です。弘前ネプタの魅力のひとつはこの見送り絵の図柄だと思います。幽霊というわけではありませんが、憂いを含んだ女性の立ち姿が用いられることが多いです。正面・鏡絵の勇壮さと裏面・見送り絵のぞくっとする怖さの対比は、青森ねぶた等にはない魅力だと思います。

 

今年もこれからネプタが始まります。皆さんもぜひ絵で涼みに来て下さい。
 


弘前の古町名

 弘前市内をぶらぶら歩いていると、町名を記した木の柱を見かけます。「古町名標柱」と呼ばれるもので昭和58年から平成8年にかけて設置され、市内に41本(他に、町名ではない「富田の清水」が1本)あるそうです。

 1枚目の写真は、弘前公園西堀の外側、紺屋町の標柱です。その後ろは当会会員たかはし眼科さんです。昔の城下町弘前の人や職業の分布をイメージしながら、町名を聞いて目的地がわかるようになれば、県外の出身者であっても弘前に大分馴染んだなあという気がするのではないでしょうか。

 2枚目の写真は、紙漉町の標柱です。紙漉町は大学病院から見ると五重塔の裏側の辺りになります。町の解説は標柱に譲るとして、写真の建物は「富田の清水(しつこ)」で湧水が流れています。近くには御膳水(町名としては吉野町)と呼ばれる湧水があり、紙漉に適した場所として選ばれたのだと思います。

 3枚目の写真は、新寺町の標柱です。桔梗野大通りと交わる角の所にあります。最初寺院は元寺町の場所に作られたが、消失により新寺町の場所に作られた、ということのようです。ちなみに、弘前市では防災等の観点から交差点の角に写真のような小公園を作るようにしているのだそうです。
 それと、今回標柱巡りをしての発見を一つ。大学病院のある本町の元々の町名が本鍛冶町だったって、知ってました?


弘前のお蕎麦屋さん

 今年の定時総会も何とか終わり、山の緑も1日ごとに濃さを増し、暑さを感じる日も増えてきました。
これからは冷たいお蕎麦を食べる機会も増えるのではないでしょうか。
学生である子供の陣中見舞いに訪問した時の、ちょっとした会食に合うのはお蕎麦屋さんかなとふと思いました。
そんな時に使われる市内のお店はどこのお店かなと、思いめぐらしてみたところ、弘前はおいしいお蕎麦屋さんが多いなあと再確認しました。



 1枚目の写真は、新寺町にある「真そば屋會」の建物です。
(この建物での営業は老朽化のために2013年で終えて、現在はそば処 清水」と名を変えて近所で営業しています)
弘前で、冷たい蕎麦のおいしいお店の名をあげるとすれば、「一閑人」とか「彦庵」、「高砂」、最近では「万作庵」とかいろいろ挙がるとは思いますがお昼の会食に合うのは、店の風情も込みでの「(特製)會そば」ではなかったかと思うのです。




 2枚目の写真は、弘前工業高校の近く、馬屋町にある「かふく亭」です。[「月変わりそば」など温かい蕎麦で
も「楽しませて」くれるのはここかなと思い、挙げさせてもらいました。
 今回は家族の会食という切り口で見ましたが、医局で食べた「そばスペシャル」とか、飲みの〆の「黒兵衛そ
ば」とかも新人の頃の思い出と込々で思い出されますねえ。

花は咲く

 「天災は忘れた頃にやってくる」と警句では言いますが、最近は忘れるまもなく災害が襲ってきているように思えます。
このたびの熊本地震で被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
また、昼夜を問わず救援や復興に尽力されている皆様方、本当にご苦労さまです。
弘前大学医学部の絆がこのような状況に役立てますようにと祈っています。
ということで、今回は熊本やその近県の方々にエールを送るべく、今が盛りの弘前公園のお城と桜です。

 1枚目の写真は、弘前城と桜です。熊本と弘前の共通点はなんだろう?と考えてみたところ、「お城がある」と思い浮かんだ次第です。
それにしても今回の地震による熊本城の惨状は、心の拠り所まで深く傷つけられたようで、気持ちを暗くさせますよね・・・。
弘前城は石垣修復の為に曳家で移動中で、元々は画面の奥の方にあったものを、今の写真の場所に移動させています。
当ブログ開始早々(第2回)に紹介した写真では、手前の芝生の位置に今お城が置かれていることになります。
ちなみにこの場所では、東日本大震災の翌月に「『がんばろう東北』ラジオdeキャンドルナイト」が行われました。
(よろしければ、ググッて見て下さい) 

 2枚目の写真は、弘前公園西濠、春陽橋からの濠と桜の眺めです。
花は気持ちを和ませたり、盛り立ててくれますよね。
弘前公園の桜はそのような力が強いと思います。
そんな力が、熊本(その近県も)まで届いてくれたら良いと思います。


学位記伝達式の舞台裏

平成28年3月23日に弘前大学の「卒業式」が行われました。
正確には「卒業式」ではなくて弘前大学では「学位記授与式」が正式名称で、午後1時半より弘前市民会館で、医学部・理工学部・農学生命科学部の3学部合同で行われました。
この学位記授与式は、学部の代表に学位記が授与されるのですが、それから先、各卒業生に学位記が渡されるのが「医学部医学科学位記伝達式」で、基礎大講堂で行われました。
その模様は後日活動報告で紹介しますが、今回は伝達式直前の準備の様子などをご紹介します。
(当方、久しぶりに基礎講義棟に入りました。本当はそれを紹介したかった。)



1枚目の写真は、基礎棟図書館の前を通って基礎講義棟通じる通路です。
正面に掲示板が見え、その前に伝達式会場への案内矢印が見えます。
この通路の景色、当方にとってあまりに久しぶりで、感激しました。

 2枚目の写真は、基礎大講堂の入り口です。
講堂の裏側ってこんなふうになっていましたっけ?
直接講堂に入ることの出来る構造にはなっていなかったんですね。

 3枚目の写真は、基礎大講堂の中、伝達式の準備風景です。
学部の職員さんたちが念入りにチェックしていました。
 基礎講義棟の中はあまり昔とは変わっていないですよね。
記憶が薄れていただけに、とても懐かしかったでした。病棟等も新しく建て替えられたりして、学内で20−30年以上前の雰囲気が残っている所ってずいぶん少なくなったように思います。

今後もそのような場所を時々紹介していきたいと思います。

津軽海峡冬景色

 昨年の春は北陸新幹線の開業でわきましたが、今年の春はいよいよ北海道新幹線の開業が間近となりました。
某缶コーヒーのテレビCMでも石川さゆりさんや北島三郎さんが登場して、その機運を盛り上げていますよね。
そのCMに触発されたわけでもありませんが、先週日曜日に津軽半島の端っこまで行ってきました。
小雪かつ暖冬のこの冬ですが、折よく適度に冬らしい天気でした。



 1枚目の写真は、竜飛崎の「階段国道」の上、「津軽海峡冬景色」の歌謡碑です。
この日はこの歌にピッタリの冬景色で、柵の向こうの海が強風のために白波立っているのが見えるでしょうか。
この歌謡碑の他にも、昨年春に紹介した青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸の側にも「津軽海峡冬景色」の歌謡碑があります。
建立は連絡船の側のが平成7年7月、この竜飛崎のが平成8年7月だそうです。



 2枚目の写真は、竜飛崎のある外ヶ浜町三厩の東隣、今別町浜名にある「青函トンネル入口広場」です。
文字通り青函トンネルの本州側入り口です。
この広場には夏場は時刻表が貼ってあって、行き交う列車を見ることができます。
今まではトンネル内から聞こえて来る列車の接近音を聞いてからでも余裕を持って待ち構えることができましたが、新幹線の速さならどうなるのでしょうか。開業まであと1ヶ月を切り、その迫力が楽しみです。

ジモ納豆、ジモ豆腐

新年も1ヶ月位が過ぎようとしていて、節分、立春も間近です。
節分の豆に触発されたわけでもありませんが今回は大豆製品を話題としました。
皆さんは朝食の納豆はお好きですか?ひそかに、納豆に一家言ある人は多いのではないかと思います。
日本人は、いずれも大豆製品である豆腐や油揚げ入りの味噌汁とか、納豆に醤油をかけてとか、つくづく大豆が好きな民族だなあと思います。
そのような一家言ある諸兄方、特に、当地出身ではない先生方の中には、昔初めて当地の納豆を食べた時に、軽いカルチャーショックを覚えた方も少なくないのではないかと推測するのです。



1枚目の写真は、黒石納豆の丸とひきわりです。
昔は弘前市内にもパール納豆とか弘前納豆などのメーカーがありました。
私が思うに、当地の納豆は大粒で、発酵に日にちをかけていない“新鮮な”納豆です。
水戸納豆のような発酵が進んだ黒ずんだ小粒の豆、あめ色の糸、ではない、アンモニア臭の少ない“煮豆のような”納豆です。
好き嫌いはあるでしょうが、昔からの地元風の納豆が少なくなったのは、ちょっと残念です。



2枚目の写真は、地元のかくみつ食品の豆腐と油揚げです。
パッケージの右上の、おどけたおばさんのマークが目印です。豆腐屋さんもまだローカルでがんばっているところがあります。以前に新寺町に「水豆花」という豆腐料理屋さんがありましたが、このお店の場所は、移転する前のかくみつさんの工場があった所です。そういえば、昔「小野寺豆富店」という豆腐屋さんもありましたね。小野寺さんの豆腐は、「豆富」と書いてありました。

職人の店

先月は、比較的新しく出来た店の話でしたが、今月は弘前らしさを感じるような、古いユニークなお店の話です。
弘前市内を歩いていると、他の街では見かけないような“職人”を感じるようなレトロな店に出会うことがあります。
昔は大学病院の周りにもそのような店がずいぶんありましたが、今回それを思い出して回ってみたところ、閉店していたところが多くありました。
そのようなお店の筆頭は、住吉入口(弘前中央病院の近く)にあった、「すりばん」屋さんでしょう。



1枚目の写真は、左側がそのすりばん屋さんの現在です。
すりばんは、りんごの木箱にりんごの品種名や屋号を刷り込むために、金属板に文字などを型抜きしたものです。
昔は壁一面に商品見本が飾ってありましたが、今はこの程度で、昔の面影を少しだけ残しています。

写真右側は、大学病院前を城西方向に行ったところにある「投網」屋さんです。投網の専門店があるというのは、街としてユニークだと思いませんか?(このお店も閉店セールのビラが貼ってあり、残念です。)
このほかにも、覚仙町には昔、樽を作っているお店がありましたし、大阪屋さんの向かい辺りには革加工品の道具屋さんがありましたね。掛け軸などを作ったり直したりする表具屋さんは、まだやっているところがあります。



2枚目の写真、左側は桶屋町にある竹材屋さんです。
普段は車庫らしい所にたくさんの孟宗竹が立てかけられていますが、この時期は門松が並べられてありました。
写真右側は、茂森新町にある野鍛冶屋さんです。煙突がなんともユニークですが、新年には鍛冶屋の仕事始めも絵になりますね。
新年も良い年でありますように。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM